FC2ブログ

掌篇★ガチャポン

携帯掌篇のブログです。無断転載厳禁!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1200字小説『ブックマーク』

20081108134853
 

 ブクは前足の先だけが足袋を履いたように白い、どてっと肥った黒猫だ。いつも茶の間の箪笥の上に鎮座していて、金色の瞳で辺りを敝睨し、母の寵愛を欲しいままにしている。畜生の分際でとても賢く聞き分けの良い猫だ、私以外には……。
 朝、顔にペタリと冷たいものが当たる。生臭い匂いがし、頬を手で払うとワキワキと蠢いた。目を開くと茶色い蜥蜴だった。悲鳴をあげると母が飛んできて、蜥蜴を掴んで「よしよし、偉いねぇ」なんてブクを撫でてる。
「蜥蜴と馬鹿猫捨ててきてよ!」
「馬鹿娘、ブクちゃんのプレゼントだよ」
 怒声に懲りもせず、ブクは貢ぎ続ける。半殺しの蝉、バッタ、鼠、小鳥、ゴキブリ。
 いい加減にして欲しい! 一度などはサキイカを袋ごと捕って、いや多分、盗ってきて、この時はさすがに母も叱っていた。

 ブクを触ると身体中の皮がつれていて、傷だらけなのがわかる。右耳は千切れているし、尻尾は折れたまま鍵状に曲がっている。
 小学校の帰り道、ごみ捨て場に積まれた古本の間で黒いものがピクピク動いていた、覗きこむとボロ布みたいな血まみれの仔猫だった。本に乗せて持ち帰り母に見せたら、即病院に運ばれてうちの子になった。
 本から垂れる尻尾を見ていた姉が“ブックマーク”と命名した。長いので縮めてマークと呼んでいたが後にぶくぶくと肥え太り、今ではブクと呼ばれている。
 両親や姉には擦り寄り「うにゃ?ん」と甘い声で媚びていたが、私は気持ちの悪い貢ぎものを捧げられて邪魔ばかりされていた。
 私がノートや本を開いているとやってきて、その上に横たわりテコでも動かない。本棚からお腹に飛び降りて起こされることもある、ボディーブローがじわじわ効いて終日調子が悪かった。なぜ私ばかり? 悔しいので耳や尾をひっぱったり、髭切りの刑に処した。

 明け方に腹部へのアタックで目が醒めた。部屋中に焦げ臭い煙が充満している、煙の向こうに黒い影が見えた、ブクだ。ニャーニャーと匍匐前進して私を先導する。タオルを口にあて私はブクに従った。マンションの壁を破り、突入した消防士に私は救出された。だが案内したブクはどこにも居なかった。
 両親と姉と私は助かったのに、ブクは真っ黒い煙と一緒に消え失せてしまった。
「ブクはあんたが大好きだから、きっと本望だよ」そう姉が慰めた。
 嘘だ。いつだって私の邪魔ばかりして仏心で拾わなきゃ良かったと後悔していた。度々虐めたし、そんな筈はない。あいつはただの畜生だ、心を持っていかれてたまるものか。

 新居は一階で猫扉がついている。茶の間の箪笥の上には座布団。私の机には、いつでも本が開かれたままだ。

■■■■■■■■■■

 上は、WEB幽の読者投稿怪談『本』テーマに応募して没になった作品です。
 確かに怪談味が薄いかもしれません。

 作中の猫『ブク』は、友人知人の猫三匹と実家で飼っていた犬がモデルで、そのうち三匹はすでに鬼籍に入っています。
 モデルは佐助、茶太郎、ママ(以上、猫)、トム(犬)。

 先日、会社の消防訓練に参加して初めて消火器を噴射しました。(ちなみに中味は水です)
 意外に取り扱いが簡単でした。消火器一本で放射出来る時間は約十五秒間で薬液は六メートル位飛ぶそうです。
 消火器で消せるのは、天井につかない炎までで、火が天井についたら速やかに逃げましょうと消防庁の方に言われました。
 また消火器を横にして振っても中味が移動しない場合は固まっているので買い換えましょうとの事。

 俗に、お酉様が三の酉まである年は火事が多いと言われています。今年は火の元にお気をつけください。

「マッチ一本火事の元。戸締り用心、火の用心」
 最近は、拍子木を打ちながら夜回りする声を聴きません。

■画像は招き猫作家『もりわじん』さん作の招き猫。寅猫が二センチ、黒猫が三センチ位です。黒猫はシトみたいですが、一目惚れして飼い(買い)ました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zigzaggar.blog63.fc2.com/tb.php/203-5e1e1a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。