掌篇★ガチャポン

携帯掌篇のブログです。無断転載厳禁!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【16】.『砂漠にて』

 壊れた車を乗り捨てた俺は、広大な砂漠を一人、さまよっていた。
 
 餓えと渇きと疲労で体力の限界が来た。
 倒れ込んだ俺の指先に何かが触れた。
 掘り出すとカップラーメンだった。
 バリバリと蓋を剥がし「しまった、割り箸も湯も無いじゃないか」とつぶやいた途端、白い煙が立ち上り、弁髪の巨人が現れた。

「ご主人様のお望みのままに」
 巨人は空中から割り箸とヤカンを取り出した。
 剥がした蓋には《カップ魔人の素》と書いてあった。

「なんだ、ラーメンじゃないのか」
 俺が叫ぶと「三つ目の願いですね?」巨人は本物のカップラーメンを取り出し「では、これにて」と消えた。

 俺が過ちに気付いたのは、本格とんこつスープを全部飲み干した後だった。         
             (『きょとん!』収録)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zigzaggar.blog63.fc2.com/tb.php/18-c87ff965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。