FC2ブログ

掌篇★ガチャポン

携帯掌篇のブログです。無断転載厳禁!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【9】.『梅雨の晴れ間に』

 久しぶりの好天、家中の掃除を終えて畳の上にごろんと横になり、窓からの日差しにうつらうつらしていると視界の隅に動くものがある。
 消えたTV画面に庭の景色が映り込んでいて、小柄な背中が動いている。

 麦藁帽子に首にはタオル、洗いざらしのブラウスに軍手をはめた見慣れた姿だ。

 ああ、母が楽しそうに庭仕事をしている……夢うつつにそう思った。
 花殻を摘み、雑草を抜き、肥料をまき、まめまめしく働いている。

(がんばりすぎると、また腰にくるのに……)

 少しでも動けば消えてしまいそうで、私は息を殺して眺め続けた。

「ちょっと出掛けて来る」

 玄関から聞こえる父の声に気をとられた瞬間、その姿は消えた。
 
 私は形見の帽子をかぶり庭に出た。
                    (『遊歩人』掲載)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zigzaggar.blog63.fc2.com/tb.php/11-6a70f66e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。