掌篇★ガチャポン

携帯掌篇のブログです。無断転載厳禁!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五百字小説『卯憑き暮らし 雪』

20090227052004
 

 僕が浴室に入ると兎は脱衣籠の中に蹲る。

 風呂から上がると再び背中に飛び付くが裸の皮膚に肢がかからないらしく、つるりと滑り落ちてバスマットの上で鼻を鳴らしている。
 パジャマに着替えるとバックパックみたいにぴたりと背中に張り付くので肩が凝る。

 僕が勤めに出る時は、スーツの上着とコートの間から、ぴょこんと耳だけ覗かせている。
 ほとんど誰も気付かないが、たまに小さな子供や野良猫が目を丸くして見ている。
 
 今朝、大雪が降った。兎はぷるぷると身を震わせると雪の上にダイブして、白くハレーションをおこして見えなくなった。
 やれやれ厄介払いができたと窓を閉めたが首の後がすかすかして背中がすぅすぅする。追い出すのは春にしようと探したがいない。
 空き地に行くと雪の中からたくさんの耳が生えていた。掴んで引っ張ると「キーッ」と金属質の声で啼いて、すぽんと兎が抜けた。
 あれ、耳が一本しかない? 三本耳だの四本耳だの五本耳だのの兎を全部抜いたら、銀紙を噛んだみたいに奥歯がじんと凍みた。犬に紐をつけて引き抜かせれば良かった。

 家に帰ると屋根の上から、雪混じりの兎がどさどさ落ちてきて埋められた。
 ……重いッ!     

■■■■■■■■■■

★誰も覚えていないでしょうが(笑)、以前にブログに載せた『卯憑き』の続編です。

 一月の終わりに書いて、雪が降ったらブログに載せようと思っていて気がついたら二月も終わりですよ。慌てて載せてみます。

 イメージのもととなった超絶可愛い兎イラストを勝手に掲載できないので、ウチにあった兎のアイピローの画像を貼ります。

 今年は桜の開花が早いそうです。春や春、ぽやんとお花見に行きたいですねぇ。桜が大好きなので、花粉症になってもお花見をします。

■平たくて胴長の兎のアイピロー。中にラベンダーのサシェが入っていて良い香りです。くしゃみが出そうになると嗅いでいます。   
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。